2013.7.4

院を卒業してから、少しずつですが、作ることと仕事が繋がるときがあり、

仕事となると相手のことをめちゃくちゃ考えるので、どうやったら

ワクワクしてもらえるか、また私もわくわくできるのか、

もっともっとという視点が生まれる。

 

一人で作品に向き合う姿勢とはまた異なる感じですが

その先にいる「誰か」を考えることはなんだかとても面白いし

なんだかとてもありがたい。それが、また自分の制作に反映される。

 

疲れていても、時間がなくても、そういう揺るがない感じとかって

仕事のいいところだと思う。とてもありがたい経験をさせてもらっています。

 

 

最近は以下のことが気になっています。

 

「コンステレーション」という思考の原理

 

  1.   星座(の位置)
  2. 〔類似の物・人・事柄などの〕集まり

 

 

様々な情報に対して、個々の持っている特性のみならずそれぞれの関係性、すなわち

情報群が持っている構造という要素の在り方について考察し、視覚化していく作業の

プロセス及びその結果