2014.5.19

 

 

この土地に来てから 約半年ほどが経った

 

知り合いや 友達も なんとなく増えた

 

 

居場所も、ないようであるような そんな感じ

 

 

 

 

 

でも 突然、夜中に眼が覚めることがある

 

 

 

 

 

 

 

自分が 生きていること それ自体が

 

誰も気付かないし 誰も気にしない

 

異国にいると

 

自分がいる 確かさが ふと薄くなる

 

 

 

 

このまま消えてしまうんではないか

 

 

 

 

 

 

そんな時、自分が撮った写真を見る

 

 

自分は、ちゃんと 色々なものを見て

 

 

この世界に きちんと存在している

 

 

確認しては、また眠りにつく。

 

 

 

 

 

 

百年後に自分がこの世界に生きていたことを

 

知っているひとは いないだろう

 

 

 

 

 

 

だから、自分が生きていることを 

 

自分で実感することが

 

一番 大切な気がしている