12.10.2015

 

 

 





どんな日も 生きる為に 前に進まなければならいということを

 

 

 

 

 

改めて 思い知らされる